ビーレジェンド-be LEGEND-プロテインの説明書きには、水分量は「150~300ml」と書いてありますが、150mlと300mlとでは効果に差があるのでしょうか?

プロテインを溶かす水分量は多い少ないで効果の差はあるのか?

水分量で効果に差はあるのか?

結論から言えば、ほとんど差はないので気にすることはない、です。

まず重要なのは、水分が多くても少なくても入っているプロテインの量は変わらないという事実です。
問題は、水の量で吸収率が変わるかどうかですが、確かに水分量が多いより少ないほうが消化酵素の濃度が高いので吸収率は高くなります。
しかし、大きな差ではありませんので、説明書きにある通り水分量は「150~300ml」で調節すれば問題ありません。
 

水分量の調節の要領は2つ

水分量は以下の2点で調節すればいいでしょう。

1,自分の好み
濃い味が好きなら水分量を少なく、薄い味が好きなら水分量を多くする。

2,発汗量
夏場などは筋トレすると大量の汗をかきます。
その場合は水分そのものを補給するという意味で水分量を多めにする。
冬場など筋トレしてもあまり汗をかかない場合は、水分量は少な目になる。

 

以上のように、プロテインを溶かす水分量は多い場合と少ない場合での効果の差はほとんどありませんので、ビーレジェンド-be LEGEND-プロテインを飲む場合、水分量は気にせずに味の好みや発汗量で調節するといいでしょう。

 

↓ビーレジェンド詳細はこちらから
ビーレジェンド-be LEGEND-プロテイン